05 | 2017/06 | 07

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
くろこさん

よっ、おひさしぶりんこ。あたま撫ぜると鳴いちゃうぞ。

最近のわたし
複合検索
ブルーリボン

荒ぶる海の向こうから 声が聞こえる 信じて待つ人がいる。 希望をもって、 決して諦めない。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
BBS

日記は自分のサイトで

プロフィール

eiko1196

  • Author:eiko1196
  • (*゚▽゚)ノ
リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント
 

娘、第一志望校合格

18日に発表されていたのだが、第一志望校で合格していた。

合格発表の翌日、娘、自分へのご褒美と称して鸚哥のひなさんを 2 羽買ってくる。
3 日間ほど餌やりで、そりゃもう大騒ぎさ。
でもかわいい。

昨日、携帯の機種変更をする。
高校生なら、スマートフォンだよ。と娘、知ったような口をききやがる。
しょうがないから、親子でスマホデビューだ。
帰宅そうそう、設定やらでいじくりたおす。

本日入学説明会があるというので一緒に行ってきた。
教科書を全部買ってきたんだが、なんであんなに多いの?死ぬほど重たい。キャリー持ってきゃ良かった。
体育館シューズが、サイズオーバーで注文となる。どんだけでかい足してるんだよ。おまえ。


 

アカシヤの雨にうたれて

先日、娘が修学旅行に行った。
韓国は、アブネーので国内に落ち着いたそうだ。(ほらそこ!本気にするなよ)

で、
携帯電話の所持は禁止だったらしい。私は、持たせておいた方が安全だと思ってはいたんだが、まぁそういうことなんだそうな。
でもやっぱり、ルールを破る子はお約束通りいて、どんくっさいのが先生に見つかるんだな。
(いつの時代もそう変わらないね、このへんのところは)
でだ、
見つかったのが、スマートフォンだったらしくって、LINEっていうので、芋づる式に全員見つかったらしい。
まぁ先生もそこまでやらないかんのか?と思うんだが、全員(旅行に行った全生徒な)集めて、説教だったらしい。
それが、某アトラクション広場のど真ん中だったために、いいさらし者となったらしい。
ルールを守っていた生徒こそいい迷惑だっただろう。
一生忘れられない思い出ができたと娘はあっけらからんと言っておった。(おまえ、前向きだな)

 

危機感

娘に
靴のサイズで負けた。(3年ほど前のこと)
身長で負けた。(2年ほど前のこと)
体重で負けた。(1年ほど前のこと)

この調子でいくと6,7年後には年齢も追い越されるかもしれない。


 

クリスマスソング歌うように今日だけ愛してよ

「ねえママ、どうしてサンタさんは私の欲しいものが分かるんだろう?」だって


わからいでか
 

生意気です。

知恵袋より
無題006
5年生でアメーバブログなんて、生意気です。
もし、私の娘だったら
 

ザ.算数 新学期バージョン

算数の宿題です。
お題は、平行四辺形

1.向かい合った頂点を結んだ線を何といいますか?

 娘の答え・・・『直線』 間違ってはいないんだが…

2.向かい合った頂点の角度はどうなっているでしょう?
 
 娘の答え・・・『いっしょ』 って…

ママンの落ち込み度、ただいまMAX中…

 

そんなこと、本人に聞け

ドラゴンボール改を毎週、娘と見ています。

昨日のこと、私に聞くんですわ。

「クリリンって空を飛べるけど地球人なの?」

-まぁ、多分、地球人でしょうね。

「餃子って、何人?」

-地球人じゃないの。

「天津飯って、目が3つあるけど地球人?」

-写楽保介も地球人だからそうでしょ。

ってねぇ、さすがに天津飯は迷ったなぁ。
腕が4本になったりするんだから、普通じゃないよね。
 

ザ さんすう 2

さんすうのドリルをみてやりました。

問題(もとの数はいくつ)
1.同じ値段の鉛筆を6本買い、次に100円のはさみを買うと、全部で430円でした。
 鉛筆1本の値段は何円ですか?

答えは、430-100=330 330÷6=55  55円が正解となるわけですが
どうもひとつの問題に二つの式というのが難しいようです。

「全部の値段からはさみの値段を引いてごらん」

「430-100だから、330円」

「そうだね、その330円はなんのお金かな?」

「えーーーーーと
 

実践!ザ・こくご(かんじ編)

きのう、通知表を持って帰ってきました。
今通っている学校は、2期制らしいです。(今知りました。そういえば夏休みが始まるとき通知表を持ってこなかったけか)

ついでに数枚のテストプリントも持って帰ってきました。
その中に国語の漢字テストがあったんですがね…

問題、つぎのひらがなを漢字で書きなさい。

さくねん


という問題があったんですわ。
結論から申しますと、我娘、間違えておりました。
正解は昨年ですよね。
なんて書いてあったかと思います?
 

実践!ザ・さんすう

今日は、台風で学校がお休みだったので、お家でさんすうを教えちゃりました。

小学校の算数は、分数あたりから好き嫌いが分かれてくるという噂を聞いていましたので、しっかりと教えてやろうと思ったわけです。





3分の1と6分の2の大きさについて説明しておりましたところ、どうも数字だけでは理解が出来ないようなので、ケーキで説明することにしました。

私 「ケーキを3等分したうちの一つの大きさと6等分したうちの二つの大きさって、同じでしょ。」
娘 「・・・・・・」
私 「ほらよく見てごらん。数は違うけど同じ大きさでしょ。」

しばらく考えていた娘、私のほうを見て、きっぱりと言いました。

娘 「ママ、大きさ違うよ!」
私 「なぜ?どっちが大きいの?」
娘 「3分の1のほうが大きいよ。」

なんで、そんなにきっぱり言い切るんだ?我娘の頭の中身は何が詰まってんだろう。
というママンの疑惑に答えるべく娘は言葉を続けた

娘 「だって、六つに切った方はナイフで切った分だけ小さいもん。
   私だったら3分の1のほうを絶対に選ぶよ。」


もうね、目から鱗じゃなくて、眩暈がしましたよ。
 

我が家のマイ・ブーム

うちの3姉妹 1 (単行本)
一巻を買ってきて気づいた。
『ネットで見ればタダじゃん』

ということで、
うちの3姉妹~マンガで見る今日の出来事~
http://ameblo.jp/3shimai/
 

そういう時は、一発殴って黙らせろ。

新型インフルエンザへの対応策として、我娘にマスクを着用させて登校させたところ、ばかなガキから
「豚インフルエンザだ」とからかわれたそうです。
今度、同じ目にあったら、一発殴って黙らせてもいいよ。
後のことは、このママンが始末するからね。

H1N1 Swine Flu - Google Maps
Google って、面白いことをするのね。
 

新学期

新しい学年になった我娘、新しい担任の先生のことを聞いてみると
ちょっと考えてから(色々なことを小さい頭で考えてたんだろうな)
『ちょっと ハゲ

ストレートなやっちゃなぁ・・・
語彙が少ないのは許すにしても、もっと言い方があるだろうに。

これから一年間、よろしくお願いします。先生。

 

最終コーナー

夏休みの宿題

ラストスパーーーーート
( というよりも、今からエンジンをかけます)




なので、Blog の更新なんて当分、無理です。



ポスター2題
習字1題
工作2題(内、自由研究1題を含む)
その他プリント多数



お前、なにやってたんだよ、30日以上も・・・_| ̄|○

えっ? 読書感想文ってなに?

 

手乗り雀その2

問題は、餌の食べさせ方です。
入れ物に入れておくだけでは食べるはずもありません。
育ての親セットなるものを用意して食べさせました。
まぁ、よく食べるので安心したのですが問題は、給餌の間隔です。
3時間おきだとかっていうじゃありませんか。そんなに暇じゃないですわ。
そこで昼間は我娘にまかせて育てることになりました。

手のひらに乗せて餌をやるんですが、これがかわいいんだな。
おなかいっぱいになるまで、ピーピー鳴いてせがみます。

生の餌にも慣れさせないかんと思って、体長5ミリほどのイナゴを捕まえてきて無理やり口に押し込んだのですが、吐き出しちゃいましたよ。
以来、粟や稗しか食べさせていないんですが、とりあえず成長してるみたい。


つづく

 

手乗り雀その1

うちのエアコンの室外機の上に雀が巣をつくって、ひなが生まれたのがおよそ4週間前のこと。

それから2週間ぐらいは、ピーピー鳴く声がきこえていましたが、そのうちの3羽が巣からとびだして落ちてきました。
すぐに巣に返してやったのですが、4日連続で落ちてきました。
まだ自力では飛び上がることも出来そうもありません。
3羽の中で1羽だけ特に弱っているひながいたので、その子だけ手元に置いて後は巣に返してやりましたところ、それからは落ちてこなくなりました。

ここからが、我が家のすずめ飼育狂想曲の始まりとなりました。

先ずは、この子は左足が伸びきったままで、普通に枝に止まることすら出来ませんでした。
それで、厚紙とタコ糸でギブスを作って矯正をこころみました。
取り付けるのが大変でしたけどね。

つづく
 

弟子の上はなに?

算数の宿題をやりながら突然
「弟子の上ってなに?」
と聞くので、
「師匠とか先生だよ。」
と答えると、得意そうに
「違うよ、リットルだよ。」
だってさ。

それは、『デシリットル』なーんて突込みが通じる相手ではありません。
さらに得意そうに説明が続く。

「12デシリットルがあったら、その中で10人だけがリットルに成れるんだよ。あとの2人は弟子のままなんだよ。」
ん~~~~~~~と
ある意味、正しい。
先生が教えたとは思えないので、きっと自分たちで考え出したんだろうなぁ。

トンでもないラスボスが居ることはまだ知らない。
 

水+緑色の液体=大爆発→理科室大洪水

昨日、我娘から聞いたのですがね。

理科室で容積の勉強をしてたらしいですわ。
1リットルが10㎗ とかってね。
そうしたら、見知らぬ1.2年生がひとり、勝手に入ってきて手近にあった水の入った容器に
これまた近くにあった得体の知れない緑色の液体を混ぜ合わせて強く振ったそうなんですわ。
一瞬の出来事だったので誰も止めることはできなかったらいいですが、その混合液がいきなり大爆発して、床と言わず天井と言わず水浸しになったそうなんです。

何を混ぜたのでしょうね?
硫酸だったら、もっとおおごとになっていますから違うでしょうし、かといってメロンソーダじゃないでしょうから、一体なんだったのかこれ以上は聞き出せませんでした。
う~~~ん。
学校の先生って、大変そうね。


そういえば昨夜寝るときに、「一週間って、なんでこんなに早いんだろう」とこぼしていましたが、
9歳でそんなこと言われたんじゃ、我々大人はどう返せばいいのでしょう?

少年易老学難成
一寸光陰不可軽
未覚池塘春草夢
階前梧葉已秋声

日も一段と短くなって来ましたね(どっかのハゲも似たようなことをいってたなぁ)。
 

肩に顎を乗せて耳元で囁くの

2日前の夜、我娘が熟睡しておりました。
そこで耳元で
「鬼太郎が遊びに来たよ。一緒に遊ぼう。」
とささやいた。

昨日の夕食時
「ねぇ、ママ、昨日ね鬼太郎と運動会をやった夢をみたよ。」
ですって。

大成功。
 

2月29日

我娘との会話

「ママ、今年はうるう年だから2月が1日長いんだよ」
「そうすると、2月29日に生まれた人は、4年に1回しか歳をとらないわけね。」

しばらく考えた我娘、
「それじゃ、他の人よりゆっくりとしをとるから、長い間若いままでいいね。
 私も、2月29日が誕生日ならよかった。」
だって。少しは計算が出来るようになったようだ。
しかし、ここで「賢いなぁ』と頭を撫でていては、成長せん。
千尋の谷に突き落としてこそ親と言うもの。

私、
「誕生日のケーキも4年に1度でいいからそのほうが良かったね。
 今から誕生日を2月29日に変えようか?」
と、提案すると。

「だめ、ぜったいそれはダメ。」だそうです。
こういう経験をつんで『計算高く』なっていくのです。